最新の更新情報

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。

旧年中は、多大なるご尽力をいただき、誠にありがとうございます。
2021年も、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染防止策ガイドライン取得

福山市保健所では、正しい知識を習得するため、事業者の衛星管理者や人事担当部署の従業員を対象とした「新型コロナウイルス感染対策ガイドライン(職場編)eラーニング」を実施しています。
㈱六共もeラーニングを取得し「修了書」を交付していただきました。

新型コロナウイルスに対して
平常時の対策

(1)感染予防
(2)日頃の健康管理
(3)事業継続計画(BCP)

発生時の対策

(1)保健所の対応・事業所の対応
(2)事業継続計画(BCP)の発動
(3)情報公開についての考え方
(4)社外関係者への協力要請

終息に向けた対策

(1)感染した従業員の復職に向けた取組
(2)風評被害の払拭の取組
(3)人権擁護の取組
(4)海外・県外への出張について

これらの項目を実施するために従業員への周知徹底を図りたいと思います。
また、会社には自社の従業員に限らず様々な社外関係者がおられます。
これらの社外関係者へも協力を要請するなど、社会全体として感染拡大防止に取り組んで参ります。

広瀬地区活性化推進委員会 広瀬地区で清掃活動 23社45人が地域貢献

福山市加茂町内及び広瀬学区に事業場を営み、地域で関わっている有志で結成した加茂町広瀬地区活性化推進委員会(中嶋栄子会長=㈱フカイ、28社、事務局=㈱六共、電084・972・4522)は10月29日、同町北山を中心に45人が道路沿いの清掃活動を行った。土砂や雑草など軽トラック数台分を除去し、危険箇所なども確認した。

 同会は地域の活性化に寄与したいと2006年に結成。同町内のパトロールやボランティア活動などを行っている。17年には、若手会員を中心に青色防犯パトロール隊(粟木原明人隊長)を組織し、同地域での不法投棄や犯罪の抑止にも貢献している。清掃活動も毎年行っている。

 今回清掃に加わった業者は次の通り。㈱六共▽㈱フカイ▽㈲サンアイランド▽㈱一瓢組▽㈱備後総業▽㈱広瀬開発▽㈱西福環境開発▽美豊㈲▽㈲山善組▽高陽建機㈱▽㈱高森工業▽前田道路㈱▽㈱久松セメント瓦工業所▽㈱小川工業▽山路建設工業㈱▽㈱今井住建▽内山興業㈱▽フタバ建設㈱▽千城土建㈲▽㈱備南▽藤田興業㈲▽㈱総合建設資材▽㈲三光建設

自走式コロナ感染対策休憩室車 消毒から娯楽まで最新技術完備

 総合建設業の㈱六共(福山市加茂町下加茂921―7、粟木原敦祐社長、電084・972・4522)はこのほど、新型コロナウイルス感染症拡大防止になればと、常用自走式ウイルス感染対策設備付き休憩室車を製造。福山市感染症対策設備導入支援事業補助金および福山市課題解決型経営基盤強化支援事業補助金の対象として認可されており、解体の工事現場などで利用する=写真は外観と車内。

 同感染症について、各現場では密を防ぎ、体温チェックやマスクの着用、手洗い・消毒の励行、不要な外出を避けるなどの対策を講じながら作業を進めている。だが作業員の休憩場所は現場に設置された仮設事務所の一室になることが多く、同じ場所で食事や休憩、工事の打ち合わせなどが混在する。そのためパーソナルスペースを確保しようと狭い車中で休憩している人も多いという。さらに工事の完了が近くなると仮設事務所を移設しなければならなくなるが、分解してわざわざ組み立て直すこともないため、工事完了までの期間は休憩所がなくなるという。

 そこで同社では大型バス(60人乗り)を改装し、最新の情報をもとにウイルス性感染症の対策を最大限に施した設備を組み込んだ。自走式であればそのまま移動し、どこでも同じように使用することができるので、デッカー車や運搬車も必要ない。車内には、消毒液、マスクの予備、うがいや手洗い用の水、体温計や血圧計、個人用の棚、100V用クーラー・冷蔵庫・テレビなど最新技術の設備を完備。身体の健康状態を確保するとともに、快適に過ごせるよう配慮している。

 粟木原明人会長は「できる限りの対策を施すため製造しました。ただ従業員やその家族など大切な命を守るために、更なる対策が必要不可欠と思っています。今後もウイルス性疾患の罹患防止策がありましたら、情報をお願い致します。同業者が多く参加する福山解体工事業研修協議会(粟木原明人会長)でも情報共有し、支え合って参ります」と呼び掛けている。

百谷地区活性化推進委員会

開催日:令和2年11月22日(日)
事業名称:天王橋~県道462号合流地点までの市道清掃.清掃

作業内容

(1)道路及び水路の増積土の撤去

(2)落石の撤去

(3)道路上に突き出た枝木の伐採。今後、支障を及ぼす可能性のある立木の伐採を含む。

(4)その他、安全通行に向けての出来うるだけの措置。

福山解体工事業研修協議会

開催日:令和2年11月19日(木)
場所:福山ニューキャッスルホテル最上階

研修内容

1.フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律について
2.建築物除去届について

研修会ではコロナに対してより一層の取り組みとアスベストに関する議論も深く意見交換をされました。
また新しく解体研修会に2社入会され今後の活動に厚みを持たせて参ります。

参加事業者

㈱上野 ㈲カシマ屋 ㈲亀田建設 共伸 ㈱坂本 ㈲成孝実業 ㈱ダイケン 東部開発㈲ 濱田商事㈲ 三葉興業㈲ 山下産業㈱ ㈲山善組 ㈱六共 ㈲オービックス ㈱勇真建設

広瀬地区活性化推進委員会 地元企業28社が過疎化対策支援 路線バス存続に73万円寄贈など

西福環境開発など3社も寄付

福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会(中嶋栄子会長=㈱フカイ、28社、事務局=㈱六共、電084・972・4522)は6月29日、同町北山の広瀬公民館で、広瀬学区町内会連合会(瀬良好史会長)へ支援金73万円を贈った=写真。支援金を受け取った瀬良会長は「今年はコロナ禍の影響で小中学校が休校になり、利用者数も激減した。運営費を賄うためにもこの度のご寄付は本当にありがたい」と謝辞を述べた。

標高350―400mの高所地域にある広瀬学区(70戸、151人)は少子高齢化や過疎化が進み、1日3往復する路線バスが住民の移動手段として欠かせない存在になっている。十数年前に廃線が取り沙汰されて以降、存続のため町内会費の一部で回数券を購入していたが、住民の負担は大きかったという。同委員会は06年3月より、その費用を少しでも軽減できれば―と毎年支援し続けている。今回で15回目。

また同会は、若手会員を中心に青色防犯パトロール隊(粟木原明人隊長)を組織し、同地域での不法投棄や犯罪の抑止にも貢献している

活性化推進委員会メンバーは次の通り。
㈱なかやま牧場▽㈱六共▽宗教法人不動院▽㈱フカイ▽㈲山善組▽前田道路㈱▽㈱小川工業▽山路建設工業㈱▽千城土建㈲▽美豊㈲▽西平建材▽㈱久松瓦工業所▽㈱広瀬開発▽㈱西福環境開発▽高陽建機㈱▽㈲サンアイランド▽㈱サンローズ▽㈱一瓢組▽㈱備後総業▽㈱今井住建▽㈱高森工業▽内山興業㈱▽㈱備南▽藤田興業㈲▽フタバ建設㈱▽伊藤組土建㈱東京支店▽㈱総合建設資材▽㈲三光建設

新型コロナウィルス、マスク対応について

世界に感染が拡大している新型コロナウイルス。
小中高校の一斉休校、大規模イベントの中止要請、外出自粛などにより、間接的・経済的なダメージは徐々に深刻になりつつあります。
さまざまな不安が広がる中、㈱六共 六伸会参加事業主に対応策を通達しております。

㈱六共会長の手作りマスクを配布しております。

新型コロナウィルス対応について

世界に感染が拡大している新型コロナウイルス。
小中高校の一斉休校、大規模イベントの中止要請、外出自粛などにより、間接的・経済的なダメージは徐々に深刻になりつつあります。
さまざまな不安が広がる中、福山解体工事研修協議会として参加事業主に対応策を通達しております。