更新情報

PC400用アタッチメントTS-W610 CV(開口部2000) OKADA鉄骨カッター新しく導入しました

360度油圧旋回モーター内蔵で狙った部分をピンポイントで掴み、増速バルブにより素早い開閉で作業の効率化を図ることができます。
切断刃は耐久性に優れた特殊素材を使用し、すべて同一形状のものとしています。これにより4面の使用や振り替えが可能です。
メンテナンスコストの低減も考えた設計としています。

自社研修センターを設置しました。

六共本社に新たに自社研修センターを建築しました。
ここでは、毎月行われる安全衛生協議会や役員会、全体会議を行っています。また100人以上収容スペースを確保しており地域のコミュニティ会議としても活用していただいております。

福山解体工事業研修協議会 解体現場巡回パトの証明申請 6/1からは解体業の証明必要

 福山解体工事業研修協議会(事務局=福山市入船町2―8―1、電084・973・1438)はこのほど、解体現場の近隣の方の苦情が多いことから、市に対し解体現場の巡回パトロールの証明を求める要望書を提出した。同会メンバーが現場を巡回し=写真、規則に基づく安心安全な作業が行われていない場合は、最低限度の指導を行いたい。

 国交省は建設業の許可業種区分(71年に制定、28業種)の見直しを行い、「とび・土工」に含まれていた「解体(業)」を、業種として新設。31年6月1日〔土〕から施行されることから、重大な公衆災害の発生や環境への配慮、老朽化した建築物での事故に対応するためで、請負金額500万円未満の軽微な解体工事でも、解体工事業登録を受けなければ、工事を受注することも施工することもできない。ただ「とび・土工」工事業の許可で解体を営んでいる業者は、今年5月31日〔金〕まで現状のまま施工することが許されている。そのため元請が許可(登録)を受けているから関係ない、大丈夫という誤った考えの業者もおり、事故や災害などを防止するため、今回の要望書提出に至った。まずは基本である掲示板の確認・近隣対策の確認・分別解体届出の許可・工事会社名・解体業許可・現場責任者・緊急連絡先などを確認し、適正でないと思われる場合、市の建築指導課に連絡する。

 粟木原会長らは16年春に福山市内の同業他社に呼びかけて、県内ではいち早く「福山解体工事業研修協議会」(現在13社)を立ち上げ、研修や勉強会を重ねてきた。また会員企業の現場ではすでにパトロールを実施している。会員企業は以下の通り。㈱上野(西町)、㈲カシマ屋(東手城町)、㈲亀田建設(神辺町東中条)、共伸(加茂町中野)、㈲小林興業(金江町金見)、㈱坂本(今津町)、㈱ダイケン(神辺町八尋)、㈱土井工業(駅家町万能倉)、東部開発㈲(東村町)、三葉興業㈲(熊野町)、山下産業㈱(入船町)、㈲山善組(神辺町新湯野)、㈱六共。

 粟木原会長の話「福山市からの証明をいただくことで、物事の筋目を通したい。近隣の方々に安心した暮らしをしていただく為に、協会員以外の解体現場であっても、解体建物が80㎡以下で分別解体の届出不要な現場であっても、地域の安全を守るためのパトロールの目を届かせたい」。

広瀬地区活性化推進委員会 加茂小で2台目青パトの出発式 地域からの要望に応えて導入

福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会(福山市加茂町中野243-1、粟木原明人会長=㈱六共会長、28社、電084・970・2360)は1月26日、2台目「青色防犯パトロール車」の出発式を同市加茂町中野の市立加茂小学校で催した。地元住民ら180人以上が同小体育館に詰めかけた。

 青色パトは17年12月、同委員会会員企業が土砂運搬などの事業を主に行う、同町広瀬地区の安心安全を見守る目的で導入。同地区を巡回する団体として広島県警から認可(複数企業からなる団体に同許可が下りるのは県下初)を受け、講習を受けた同会メンバーには隊員としての実施者証が交付された。その後運搬経路にかかっている加茂町全域の巡回もしてほしいとの要望が寄せられたことから、2号車を準備し、この度の出発式を迎えた。なお導入には、(公財)日本財団と日本住宅ローン㈱、福山あいライオンズクラブ(関藤 寛会長)からの支援金が使われた。また新たに15人がメンバーとして講習を受け、合計31人が隊員として登録されている。

出発式には三好良治広島県議会議員、加茂町広瀬地区活性化推進委員会顧問で福山市議会議長の早川佳行さんらを来賓に迎え、テープカットが行われた後で=写真上、地元町内会役員や地元関係者、活性化推進委員会メンバーらが見送る前を、青パト車両が巡回に出動した=写真下。巡回時間については、地域住民らの巡回と重ならないよう、夕方から夜間にかけて毎日行う予定だ。

広瀬地区活性化推進委員会 加茂町内を2台目青パトが巡行 1/26に加茂小学校で出発式

 福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会(福山市加茂町中野243-1、粟木原明人会長=㈱六共会長、28社、電084・970・2360)はこのほど、加茂町内全域を巡回するため2台目の「青色防犯パトロール車」を導入した=写真右が粟木原会長。同市加茂町中野の市立加茂小学校で1月26日〔土〕午前10時から、出発式を催す。

 同会は、地元を安全で安心して暮らせる地域にするため、また子ども達が安心して学び育つ街づくりのための支援を目的に、自主ボランティア活動として17年度に青色防犯パトロール事務局を設けた。広瀬地区を巡回する団体として広島県警から認可を受け、講習を受けた同会メンバーには隊員としての実施者証が交付された。毎週2日、1日3回のペースで同地区内約7kmを巡回パトロールしている。

そうした中で加茂町全域の巡回もしてほしいとの要望が寄せられたという。日本財団と日本住宅ローン㈱の2社も同会のこれまでの活動を高く評価して計152万円を助成。ダイハツ社製ミライースを購入し、青色灯やカラーリングなども施した。

2台目は隊員2人と加茂地区防犯組合の委員が車両に乗り、毎朝毎夕の2回、事務局をスタートして約7kmを巡る。不審者はいないか、留守宅や廃屋、空き家などに異常はないか、不法投棄や落書き、マナー違反の車両はないか、水難・事故車両はないか、一見して違和感のある高齢者はいないか、など、気がつくところをチェックして回る。

また同地区では、土砂の運搬などで大型のダンプトラック約50台が1日に延べ400回程度往復するが、その運転手達にも防犯活動に協力して貰おうと、同会会員として各社で教育・指導を実施する。規範意識を高めることで、交通事故防止にも繋げたい考えだ。

粟木原会長の話「地区内には限界集落に近いところも有り、自分達が通りかかると喜んで頂けます。地区内の工業団地には外国人労働者の姿も多くなってきました。これから国際化する社会の中で、トラブルなども多くなる可能性があります。巡回車には自動翻訳機も携行して回りますので、地域の課題を自分達で見つけ、善後策を皆さんと話し合いながら解決し、より住みやすい町にしていきたいと思います」。

広瀬地区活性化推進委員会 地元企業が過疎化対策を支援 路線バス存続に73万円寄贈

福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会(粟木原明人会長=㈱六共会長、27社、電084・972・4522)は5月13日、同町北山の福山市老人福祉センター紫雲荘で、広瀬学区町内会連合会(瀬良好史会長)に支援金73万円を贈った=写真。

 広瀬学区は標高350―400mの高所地域にあり、年々過疎化及び少子高齢化が進んでおり、1日3往復する路線バスは生活に欠かせない存在になっている。十数年前に廃線が取り沙汰されて以来、町内会費の一部で回数券を購入していたが、住民の負担が重くなっていた。同委員会は06年3月より、その費用を少しでも軽減できれば―と毎年支援し続けている。今回で13回目。
 支援金を受け取った瀬良会長は「支援金のみならず、青色パトロールの巡回まで行って、地域の安心安全に深く寄与してくださり、感謝申し上げます」と謝辞を述べた。

 活性化推進委員会メンバーは次の通り。㈱なかやま牧場▽㈱六共▽宗教法人不動院▽㈱フカイ▽㈲山善組▽前田道路㈱▽㈱小川工業▽山路建設工業㈱▽千城土建㈲▽美豊㈲▽西平建材▽㈱久松セメント瓦工業所▽㈱広瀬開発▽㈱西福環境開発▽高陽建機㈱▽㈲サンアイランド▽㈱サンローズ▽㈱一瓢組▽㈱備後総業▽㈱今井住建▽㈱高森工業▽㈲三島商事▽内山興業㈱▽㈱備南▽藤田興業㈲▽フタバ建設㈱▽伊藤組土建㈱東京支店

広瀬地区活性化推進委員会 青色防犯パトロール 広瀬公民館で出発式

福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会青色防犯パトロール事務局(福山市加茂町中野243-1、粟木原明人会長=㈱六共社長、26社、電084・970・2360)は12月16日、広瀬公民館で出発式を催した。福山北署の藤田守署長、早川佳行福山市議らを来賓に迎え=写真上、地域住民が見守る前を青パト車両が巡回に出動した=写真下。

 広島県下で初めて、複数企業からなる青色防犯パトロール団体が発足した。隊長=粟木原明人(㈱六共)、隊長補佐=藤井継道(㈱一瓢組)、副隊長=中嶋栄子(㈱フカイ)ら隊員16人を軸に、今後は週2日朝昼晩の3回、広瀬地区内約7kmを巡回パトロールする。

広瀬地区活性化推進委員会 青色防犯パトロールを開始 複数企業からなる団体は県下初

福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会青色防犯パトロール事務局(福山市加茂町中野243-1、粟木原明人会長=㈱六共社長、26社、電084・970・2360)はこのほど、広瀬地区を巡回する青色防犯パトロール団体として許可された。複数企業からなる団体に青パトの許可が下りるのは県下初という。巡回用の軽自動車とバイク=写真、制服や制帽などの備品を完備し、12月16日〔土〕午前10時から出発式を行う。以後週2日、午前7時からと11時から、午後6時からの3回で同地区内約7kmを巡回パトロールする。
 同団体は、年々過疎化及び少子高齢化が進む同学区を支えようと、同地区で仕事をする企業らが中心となって12年前に設立。路線バスの存続活動に取り組んでいる広瀬学区町内会連合会(瀬良好史会長)に毎年支援金を贈ってきた。
 また設立と同時に、2週間に1度程度、安心安全のためのパトロールを自主的に行い、ダンプのマナー向上やポイ捨ての禁止、積み荷の安全性などをチェックしてきた。このほど更により公的に認められた方法で対応していきたい―と申請を出し、同委員会メンバーの中の16人が講習などを受けて、隊員として実施者証が交付された。また車両も青色灯を取り付け、「青色パトロール車両」として陸運局からの許可も得た。総事業費は90万円。
 通常は2―3人が車両とバイクに乗り、事務局をスタートして10カ所のポイントを巡る。途中、車両の通行が困難な隘路などはバイクで見に行く。不審者はいないか、留守宅や廃屋、空き家などに異常はないか、不法投棄や落書き、マナー違反の車両はないか、水難事故車両はないか、一見して違和感のある高齢者はいないか、など、気がつくところをチェックして回る。
 粟木原会長(75)=写真=の話「企業の団体でも、実績や熱意があれば許可してもらえます。近年は不審者の出没なども増え、地方といえど安心安全が守られにくくなっています。社会貢献の一環として、他の団体にも続いてほしいです」。
 なお講習参加者は以下の通り(敬称略)。粟木原明人・溝平敦祐・松尾 勇・樋口公規・溝平美和(㈱六共)、林 寿和(西福開発㈲)、中嶋伸忠・中嶋栄子(㈱フカイ)、吹原幸四郎(㈲山善組)、粟木原孝司(美豊㈲)、三島秀男(㈲サンアイランド)、藤井継道・上野真吾(㈱一瓢組)、藤原慎大(㈱備後総業)、内山善稚(内山興業㈱)、三島伸二(㈱広瀬開発)。

事故多発現場での安全策提案 光と音で安全確認を強化

緊急時には無線で作動を緩慢化

株式会社六共は 解体作業時の安全な作業システムを考案しました。

高所での階上解体でも効果を発揮することから、手順や各種装置などを確定させ、公的な認知度も高めたい―と、特許を取得しました。

全国的に3階建て以上のビル解体作業現場=写真上=では、近隣住宅の破損や通行人に対しての事故、重機の横転や作業員のけがなど、様々な事故が多発している。同社も一昨年、解体作業時に労働災害があった。そのため、より確実に安全性を確保するため解体手順の見直しをはかったところ、重機を操縦するオペレーターが視認できないところで惰性作業を行うといった問題点が浮かび上がってきた。そこで、光や音を発信したり、無線などを使った監視体制の効率化を図ることを整理した“安全策”を考案し、特許申請を行った。

▽ 建設機械の行動半径に立ち入り禁止の柵などが設けられない場合、重機にLEDランプを設置して、作動時は赤、停止時は青というようにコントローラーの動きを視覚化する
▽重機のオペレーターと重機周囲について見張る監視人と、視認外にいる通行人をガイドする誘導員とを無線でつなぎ、音や声で動きを知らせ合う
▽重機にはバックモニターをつけて監視する
▽緊急時には、重機に組み込んだ緊急緩動させる安全装置をオペレーターもしくは監視人が無線で起動させ、巻き込み被害を防止する、などの仕組みをまとめた。

また、階上での安定した仕事
を確保するため、特殊な構造の鉄製足場も考案した。
長さ8mで、幅は0・8mと0・6mの2種類があり、中央の1点で35t、もしくは40tの荷重に耐えられるという。支えるポストが省略できるため、経費の節約のほか、見通しも良くなって安全性も増します。