広瀬地区活性化推進委員会 青色防犯パトロール 広瀬公民館で出発式

福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会青色防犯パトロール事務局(福山市加茂町中野243-1、粟木原明人会長=㈱六共社長、26社、電084・970・2360)は12月16日、広瀬公民館で出発式を催した。福山北署の藤田守署長、早川佳行福山市議らを来賓に迎え=写真上、地域住民が見守る前を青パト車両が巡回に出動した=写真下。

 広島県下で初めて、複数企業からなる青色防犯パトロール団体が発足した。隊長=粟木原明人(㈱六共)、隊長補佐=藤井継道(㈱一瓢組)、副隊長=中嶋栄子(㈱フカイ)ら隊員16人を軸に、今後は週2日朝昼晩の3回、広瀬地区内約7kmを巡回パトロールする。

広瀬地区活性化推進委員会 青色防犯パトロールを開始 複数企業からなる団体は県下初

福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会青色防犯パトロール事務局(福山市加茂町中野243-1、粟木原明人会長=㈱六共社長、26社、電084・970・2360)はこのほど、広瀬地区を巡回する青色防犯パトロール団体として許可された。複数企業からなる団体に青パトの許可が下りるのは県下初という。巡回用の軽自動車とバイク=写真、制服や制帽などの備品を完備し、12月16日〔土〕午前10時から出発式を行う。以後週2日、午前7時からと11時から、午後6時からの3回で同地区内約7kmを巡回パトロールする。
 同団体は、年々過疎化及び少子高齢化が進む同学区を支えようと、同地区で仕事をする企業らが中心となって12年前に設立。路線バスの存続活動に取り組んでいる広瀬学区町内会連合会(瀬良好史会長)に毎年支援金を贈ってきた。
 また設立と同時に、2週間に1度程度、安心安全のためのパトロールを自主的に行い、ダンプのマナー向上やポイ捨ての禁止、積み荷の安全性などをチェックしてきた。このほど更により公的に認められた方法で対応していきたい―と申請を出し、同委員会メンバーの中の16人が講習などを受けて、隊員として実施者証が交付された。また車両も青色灯を取り付け、「青色パトロール車両」として陸運局からの許可も得た。総事業費は90万円。
 通常は2―3人が車両とバイクに乗り、事務局をスタートして10カ所のポイントを巡る。途中、車両の通行が困難な隘路などはバイクで見に行く。不審者はいないか、留守宅や廃屋、空き家などに異常はないか、不法投棄や落書き、マナー違反の車両はないか、水難事故車両はないか、一見して違和感のある高齢者はいないか、など、気がつくところをチェックして回る。
 粟木原会長(75)=写真=の話「企業の団体でも、実績や熱意があれば許可してもらえます。近年は不審者の出没なども増え、地方といえど安心安全が守られにくくなっています。社会貢献の一環として、他の団体にも続いてほしいです」。
 なお講習参加者は以下の通り(敬称略)。粟木原明人・溝平敦祐・松尾 勇・樋口公規・溝平美和(㈱六共)、林 寿和(西福開発㈲)、中嶋伸忠・中嶋栄子(㈱フカイ)、吹原幸四郎(㈲山善組)、粟木原孝司(美豊㈲)、三島秀男(㈲サンアイランド)、藤井継道・上野真吾(㈱一瓢組)、藤原慎大(㈱備後総業)、内山善稚(内山興業㈱)、三島伸二(㈱広瀬開発)。

六共・粟木原明人社長ら 行政の事業計画に翻弄され衰退 百谷地区活性化推進委員会発足

過疎化対策を結束して要望する

 福山市加茂町百谷地区活性化推進委員会(粟木原明人代表)が、地元有志らによって発足した=写真。早川佳行福山市議会議員、藤井弘道㈱一瓢組社長を相談役に迎え、様々な事業計画に翻弄され、衰退を余儀なくされた百谷地域に賑わいを取り戻すべく、地域のインフラ整備や定住推進に向けて活動するという。

百谷地区の歴史は古く、同地にある房丸神社は足利幕府第11代将軍義澄の孫・足利豊後守右門大夫源三位房丸を祀っている。戦乱や政争を避けて同所に移り住み、織田信長が13代将軍義輝に謁見した1559年に没したとされる。また門田朴斎の出生地でもある。朴斎は菅茶山や頼山陽に学び、1829年に33歳で福山藩の儒官、のちの老中阿部正弘の教育係及び阿部家藩主5代に仕え、1863年には藩校誠之館の教授も務めた人物。ほか、江戸時代中期に突如現れた幻の焼き物「姫谷焼」が焼かれた土地でもある。
同所では80年代にゴルフ場建設の計画が持ち上がったがとん挫。その後90年代に入って公共事業の計画が持ち上がったが、現在凍結されたままだ(以下に参考として、96年に市から出された計画地図=右=と、「地元要望に対する回答〔95年2月〕」に書かれた開発の経過を記す)。人口は93年に75世帯267人だったが、16年は58世帯125人になっている。
粟木原代表の話「団地造成や四川ダム建設、国道182号線の整備など、計画が持ち上がるたびに、土地を売ったり、立ち退いたりして、地域住民は翻弄され、生活基盤がどんどん失われていった。人口減少が急速に進み、このままでは歴史ある町が消滅するだろう。残土処理に関しては、調査はされたがそこで止まっている。過疎地だからと後回しにせず、せめて緊急車両が通れる程度の道路幅の拡張など、早急にお願いしていきたい」。

【開発の経過】

▽ 93年10月 駅家加茂地区内陸団地計画区域への編入の承認▽ 94年3月 団地区域からの除外、河川整備と併せた圃場整備の容認▽ 95年2月 圃場整備に係る早期事業化と付帯工事の地元要望を承認▽ 95年3月 公共残土処分場の建設計画の依頼、圃場と一体的整備▽ 96年6月 赤坂バイパス残土受け入れの検討指示▽ 97年3月 H9( 97)年度予算に百谷川に残土埋め立てに係る予算計上▽ 97年3月 赤坂バイパス残土受け入れに伴う圃場整備承認申請、福山市土地改良区▽ 97年12月 赤坂バイパス残土の搬入中止の説明 駅家加茂線(下加茂分)の残土の受入を要請▽ 98年3月 公共残土処分場建設計画の凍結説明▽ 98年10月 団地各地区会長会で圃場整備は、団地50haを先行して判断すると説明▽ 98年12月 地元会長が圃場整備の実施の時期を明確にすることを要請

広瀬地区活性化推進委員会 過疎化対策に地元企業が支援 広瀬学区町内会へ73万円寄贈

 福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会(粟木原明人会長=㈱六共社長、27社、電084・972・4522)は5月23日、福山市沖野上町のゲストハウスウェディングアルセで、路線バスの存続活動に取り組んでいる広瀬学区町内会連合会(瀬良好史会長)に支援金73万円を贈った=写真。

 広瀬学区は標高350―400mの高所地域にあり、年々過疎化及び少子高齢化が進んでおり、1日3往復する路線バスは生活に欠かせない存在になっている。廃線の危機に陥った際、町内会費の一部で回数券を購入していたが、甚大な住民の負担を少しでも軽減できれば―と、活性化委員会が06年3月より毎年支援し続けている。今回で12回目。また同学区環境対策協議会に向けて、㈲サンアイランド、西福開発㈲、㈱広瀬開発の3社からそれぞれ賛同金が手渡された。
 支援金を受け取った瀬良会長は「支援金のみならず、カーブミラー清掃やダンプの安全指導まで、地域の安心安全に深く寄与してくださり、感謝申し上げます」と謝辞を述べた。

 活性化推進委員会メンバーは次の通り。㈲サンアイランド▽㈱なかやま牧場▽㈱六共▽宗教法人不動院▽㈱フカイ▽㈲山善組▽前田道路㈱▽㈱小川工業▽山路建設工業㈱▽千城土建㈲▽美豊㈲▽西平建材▽㈱久松セメント瓦工業所▽㈱広瀬開発▽西福開発㈲▽高陽建機㈱▽㈱サンローズ▽㈱一瓢組▽㈱備後総業▽㈱今井住建▽㈱高森工業▽㈲三島商事▽内山興業㈱▽㈱備南▽藤田興業㈲▽フタバ建設㈱▽伊藤組土建㈱東京支店

広瀬地区活性化推進委員会 路線バス存続を地元企業が支援 広瀬学区町内会へ73万円寄贈

路線利用業者が交通対策も

福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会(粟木原明人会長=㈱六共社長、27社、電084・972・4522)は5月10日、福山市沖野上町のゲストハウスウェディングアルセで、路線バスの存続活動に取り組んでいる広瀬学区町内会連合会(瀬良好史会長)に支援金73万円を贈った=写真。

 広瀬学区は標高350―400mの高所地域にあり、16町内会80軒、人口約190人と、年々過疎化及び少子高齢化が進んでおり、1日3往復する路線バスは生活に欠かせない存在になっている。8年前までは乗車率が損益分岐点を下回り、存続が危ぶまれていた。住民の交通費負担を軽減したい―と、活性化委員会が11年前から毎年支援し続けている。
 なお今年から、同委員会メンバーで加茂町北山刈光・菅町・楠田地区の路線を通行する業者に各地区交通対策委員会を発足させ、交通パトロールや安全運転指導を行い始めた。

活性化推進委員会メンバーは次の通り。㈱なかやま牧場▽㈱六共▽宗教法人不動院▽㈱フカイ▽㈲山善組▽前田道路㈱▽㈱小川工業▽山路建設工業㈱▽千城土建㈲▽㈲ジョウカン土木▽美豊㈲▽西平建材▽㈱久松セメント瓦工業所▽㈱広瀬開発▽西福開発㈲▽高陽建機㈱▽㈲サンアイランド▽㈱サンローズ▽㈱一瓢組▽㈱備後総業▽㈱今井住建▽㈱高森工業▽㈲三島商事▽内山興業㈱▽㈱備南▽藤田興業㈲▽フタバ建設㈱

広瀬地区活性化推進委員会 路線バス存続を地元企業が支援 広瀬学区町内会へ73万円寄贈

福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる加茂町広瀬地区活性化推進委員会(粟木原明人会長=㈱六共社長、22社、電084・972・4522)は5月10日、福山市沖野上町のゲストハウスウェディングアルセで、路線バスの存続活動に取り組んでいる広瀬学区町内会連合会(瀬良好史会長)に支援金73万円を贈った=写真。
 広瀬学区は標高350―400mの高所地域にあり、年々過疎化及び少子高齢化が進んでおり、1日3往復する路線バスは生活に欠かせない存在になっている。7年前までは乗車率が損益分岐点を下回り、存続が危ぶまれていた。町内会費の一部で回数券を購入していたが、住民の負担を軽減したい―と、活性化委員会が10年前から毎年支援し続けている。支援金を受け取った瀬良会長は「バスの利用者数は増え始め、減便や廃止は避けられている。現状維持するために支援金は大きな支えになっており、感謝しています」と謝辞を述べた。
 近年は空き家バンクへの入居等が相次ぎ、この1年で新築1棟を含め5世帯が同地区に移住した。広瀬保育所は4人、同小学校は28人、同中学校は22人と、子どもの数は少しずつ増え始めている。
 活性化推進委員会メンバーは次の通り。㈱なかやま牧場▽㈱六共▽宗教法人不動院▽㈲山善組▽前田道路㈱▽㈱小川工業▽山路建設工業㈱▽千城土建㈲▽㈲ジョウカン土木▽㈱フカイ▽美豊㈲▽西平建材▽㈱久松セメント瓦工業所▽㈱広瀬開発▽西福開発㈲▽高陽建機㈱▽㈲サンアイランド▽㈱サンローズ▽㈱一瓢組▽㈱備後総業▽㈱今井住建▽㈱高森工業

「行幸啓宿處」の碑を 適切な場所に設置保管を

六共は総合建設・解体を主業務としており、老舗ホテル「福山グランドホテル」(福山市西町2―7―1)が2003年1月閉館し、結婚式場「セント・ヴァレンタイン

福山」を建設する際、同社がホテルの解体を請け負ったのだが、「行幸啓宿處(ぎょうこうけいしゅくしょ)」の碑を廃棄物として処分するよう依頼を受けたという。
 行幸啓とは、天皇皇后両陛下が式典などに出席するために地方に出向かれることで、天皇陛下だけの旅行は行幸と言う。1995年5月21日、両陛下は広島県本郷町にある県立中央森林公園で開かれた「第46回全国植樹祭式典」に出席され、御調町の「ふれあいの里」を視察後、福山グランドホテルに宿泊された。翌22日には福山市内の県立歴史博物館と、県立東部工業技術センターを視察している。
 碑は行幸啓による視察と、宿泊されたことを記念して敷地の南東の角に、当時の小林嗣宜福山グランドホテル社長が建立した。粟木原会長は廃棄しないで、自身が所有するペンションの敷地に建て大事に保管している。
 「石碑の処分を依頼されたが、そのまま廃棄するわけにはいかなかった。『行幸啓宿處』の文字が刻まれており、天皇皇后両陛下がかつて福山グランドホテルに宿泊され、福山市内の施設を視察されたことはまぎれもなく福山の歴史の1ページ。適切な場所に設置し保管して欲しい」と訴える。

広瀬地区活推委員会 地元23社が支援金贈呈 路線バス存続への一助に

福山市加茂町に本社・事業所を置く企業家らでつくる福山市加茂町広瀬地区活性化推進委員会(粟木原明人会長=㈱六共社長、23社、電084・972・4522)は4月27日、路線バスの存続活動に取り組んでいる広瀬学区町内会連合会(瀬良好史会長)に防犯活動費3万円を含む支援金73万円を贈った。
広瀬学区は世帯数が82世帯で、高齢化率も50%程度と高く、小中学校も生徒数が20数人程度に落ち込んでいる。1日3往復する路線バスは、生活に欠かせない存在になっている。町内会費の一部で回数券を購入していたが、住民の負担を軽減したい―と、同活性化委員会が9年前から毎年支援し続けており、回数券と定期券(小中学生)への支援に充てている。09年からフジグランまで運行延長したことで、乗車数も損益分岐点を超えて月あたり4-500人程度になっているので、現在は持ち直しているそうだ。
粟木原会長=写真右=が代表して瀬良会長=写真左=に支援金を手渡すと、瀬良会長は「町に高齢者が多くバス路線存続は死活問題。支援金は大きな支えになっている」と謝辞を述べた。
活性化推進委員会メンバーは次の通り。㈱なかやま牧場▽㈱六共▽不動院▽福山北部開発㈱▽㈲山善組▽前田道路㈱▽㈱小川工業▽山路建設工業㈱▽千城土建㈲▽㈲ジョウカン土木▽㈱フカイ▽美豊㈲▽西平建材▽㈱久松セメント瓦工業所▽㈱広瀬開発▽西福開発㈲▽高陽建機㈱▽㈲サンアイランド▽㈱サンローズ▽㈱一瓢組▽㈱備後総業▽㈱今井住建▽㈱高森工業。